良質のデザインを適正価格で。

制作実績

デザイン制作物の代表例

過去に制作したデザイン制作物のごく一部をご紹介します。

パッケージ(袋物)

パッケージデザイン(袋物)の一部をご紹介します。

パッケージは単なる装飾のものから販促POPの役割を持たせるものまで様々です。箱型より比較的内容物が見える物が多いですが、やはり内容物を保護するための袋にチラシをまとった広告物であると言えます。伝える(訴求する)ものがイメージなのか使用説明なのかなどによってデザインの方向性も変わってきます。また、箱型に比べて表面の一面しか目に触れることがないのでそこに全てを集約することが必要になります。

下記は当社が制作した物の一部です。当社は平成4年から長きにわたり包装資材のトータルメーカー様とお取引させていただいており、オリジナル製品のパッケージはもちろんダイソー産業様を初めとする100円均一ショップのデザインも数多くさせていただきました。(数百点に及ぶと思います。)

フライヤー(チラシ)・ポスター

フライヤー(チラシ、ビラ)・ポスターなどの一部をご紹介します。

今更ですが簡単にこれらの定義をまとめておきます。
フライヤー・チラシ・ビラは日本ではまとめてチラシと呼ぶことが多いようです。デザイナー側も明確に区別してデザインすることはありません。本来フライヤーはセスナやヘリから撒くため、飛ぶ(Flyer)が使われました。(古いアニメや映画で見たことあるような…)また、チラシは音通り「散らす」からきています。街頭や新聞の折り込み等で世間に散らすということです。ビラは諸説ありますがBill(ビル)からきているというのがイメージに近いと思います。ビルの壁に貼って宣伝するものという感じです。(ビラを撒くとも言いますが…)ビラに近いのがポスターです。ポスト(柱の意味)からきています。壁ではなく柱に貼るものをポスターと呼んでいたようですね。
尚、詳しくお知りになりたい方はWikipedia等でお調べください。

さて、下記は当社が制作した物の一部です。すべてフルカラーですがもちろん単色や2色デザイン等も数多く制作しています。(見栄え上、単色物は割愛しました。)印刷度数を決定するのは部数や写真の有無にもよりますが、基本的には印刷経費の問題です。しかし現在では低価格の印刷会社が増えているため、印刷経費に関してはあまり差が無くなってきています。デザインに関しては単色や2色印刷であっても作業内容はほとんど関係ありませんので、当社では同一料金にしています。

カタログ・パンフレット・リーフレット

カタログ・パンフレット・リーフレットなどの一部をご紹介します。

これらも今更ですが簡単に定義をまとめておきます。
カタログとパンフレットは日本ではほぼ同じ意味で使われています。ざっくりとしたイメージでいうとカタログはページ数が数十ページ以上のもの、パンフレットは10ページ前後といった感じでしょうか。つまり100ページの冊子をパンフレットとは呼びませんし、8ページの印刷物をカタログとはあまり言いません。対してリーフレットは一枚刷りのもので、カタログやパンフレットとは明確に区別しています。三つ折りや四つ折り等で複数ページに見えるものでも開いて一枚の印刷物になっているものはリーフレットと呼びます。ただし盛り込む内容に関してはどれも何の規定もありません。もちろんリーフレットにカタログにあるような内容を盛り込んでも問題ありません。
尚、詳しくお知りになりたい方はWikipedia等でお調べください。

下記は当社が制作した物の一部です。当社は創立当初10年余り松下電器産業(現 Panasonic)様やダスキン(ハウス オブ ロイド事業部)様とお取引していただいた時期がありましたので制作年が古いものもご紹介しています。商品開発の立ち上げから参加させていただき、企画書の作成からカタログ、展示用POPなど販促用の様々なツールもデザインさせていただきました。会社案内においては最近ではWebで代用される会社が多いため二つ折りや三つ折り等が一般的になっています。もちろんページ数の多い会社案内を作られている会社もあります。

パッケージ(箱型立体物)

パッケージデザイン(箱型立体物)の一部をご紹介します。

袋物のパッケージ同様、箱型も単なる装飾のものから販促POPの役割を持たせるものまで様々です。内容物が見えないものが多いため写真や用途説明などを施さなければなりません。ある意味、内容物を保護するための箱にチラシをまとった広告物であると言えます。内容物をいかに的確に見ている人に伝えるかが肝になります。伝える(訴求する)ものがイメージなのか使用説明なのかなどによってデザインの方向性も変わってきます。つまりセンスだけではパッケージデザインは完成しないということです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6358-7133 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP